動画ファイル

 トップページへ戻る 
 フリーになってから作った動画、関わった動画のページです。  (画像をクリックすると視聴できます)


Portal of the Museum(博物館の門)「由比宿 東海道あかりの博物館」

 静岡県静岡市清水区由比にある「由比宿 東海道あかりの博物館」。日本の「あかり」のほとんどが集められている博物館です。実際に点灯できる展示物も多く、本物に触れることのできる日本国内でほぼ唯一のあかりの博物館といえるでしょう。
 燃料の油を自動供給する昔の職人の知恵。携帯用ろうそく立て。火打ち石による着火体験…等々。古民家に作られた小さな博物館ですが中身の濃さは大博物館です。
 私財を投げ打って収集したのは、先日2014年9月27日に亡くなった館長の「片山光男」さん。
 生前、「私利私欲で集めたわけではない。日本の文化としてのあかりの歴史を、現物を残すことで具体的な形で残したい。どこか大きな組織が受け継いでくれないかな」とおっしゃっていました。
 そんな片山さんの人となりを紹介したくて、仲間と立ち上げた会社「ヒューマン・アーチーズ」で作ったのがこのビデオです。孤軍奮闘、こんな人がいたことを残したい。受け継いで下さる公共機関や会社が現れないかな…と願いつつ、YouTube公開することになりました。
     演出・編集:箕輪幸徳
     企画・撮影・録音:山口博史
     出演・テーマ曲:國本良博
     制作:Human-Arches   (15分30秒)



《ダイジェスト版》
  広く見て頂きたいので、2分のダイジェスト版も作りました。




絵本朗読 その2「もっちゃんとゆうれい」

 絵本朗読の2作目を作りました。今回も主人公は6才の「もっちゃん」。ある晩、心霊写真などを紹介するテレビ番組を見たもっちゃんは、怖くて一人ではトイレに行けなくなります。何とかしてその恐怖心を和らげようと、おじいちゃんが話しかけます。はたして、もっちゃんは…。




絵本朗読 その1「もっちゃんとアブラゼミ」

 YouTube版「絵本」を作ってみることにしました。話は私のオリジナル。「絵」の部分は自分で撮った写真を加工して作りました。中身は、小学校1年生の男の子を主人公にした「夏休みの一コマ」です。
 夏の昆虫の代表とも言える「セミ」。そのセミを捕まえたくてしょうがない「もっちゃん」ですが、捕まえたセミをつかむことはできません。でも、セミの羽化の様子を見たことから彼の中の「何か」が変わります。

「葬儀」について考える

 「くんちゃんの独り言」というタイトルでの最初のYouTubeアップです。私は2014年3月から6月までの4ヶ月間で、3人の大事な人を亡くしました。母、弟、そして弟のような存在だった仕事仲間「荻島正己」。そして、営まれる「葬儀」…。それまでの葬儀とは別の感慨を持ちました。このプログラムでは、ごく近い立場で短期間にかかわった3回の葬儀を通して感じたことを語ってみました。

荻島正己(マチャミ)追悼番組

 私と一緒に「ケッタウェイズ」を組んでいた仲間で、2014/6/21 62歳で他界した荻島正己への「思い」そして「想い出」を当時のリスナーだった皆さんからお寄せいただき、追悼番組を制作しアップロードしました。
 皆さんからいただいたメールの紹介のほか、マチャミ作曲の「ア・ロンリー・バード」「思い消し」「シーズン・オブ・ラヴ」を当時の写真と共に収録しました。
 また、「夜をぶっとばせ!PartV」のクイズコーナー「ぴったしチンチン」でのマチャミのはつらつとした司会ぶりも収録しました。動画はありませんが、写真を中心にしたHD映像です。当初30分程で作る予定が51分弱の番組になりました。
 メールをお寄せいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

静岡県制作オレオレ詐欺防止啓発DVD「ちょっと待て!詐欺かも知れぬ その電話」

 静岡県が制作したオレオレ詐欺防止啓発DVD「ちょっと待て!詐欺かも知れぬ その電話」に案内人として出演しました。
 DVDは2012年10月から各公共施設に配られたのを始め、動画映像は静岡県HP内の「ふじのくにネットテレビ」の5チャンネル「県政ビデオクリップ」で見ることが出来ます。
 撮影時の記録写真は「ギャラリー」に掲載しています。



 ページの先頭へ戻る